もしも仙台でオリンピックをしたら・・・

一週間前アメリカの大学から日本人ショウタが来ました。

彼は留学している大学の卒研で、もし仙台でオリンピックをしたら・・・の経済効果などを調べに来ていた。
おぉ~、仙台でオリンピックなんて・・・なんだかピンとこないけど、選手村ができたり、外国人がたくさんいるようになるのかなぁとか、ちょっとそんなことを想像してしまったぁ(笑)

彼は英語ペラペラで、丁度外国人の宿泊客が3人重なっていたので、とても楽しそうに英語で話していた。あたしはナンノコッチャ~となってたけども(笑)

そして彼はアメリカで、世界の子供たちが折り鶴を一羽折ったら2ドルの義援金をすることになるプロジェクト【ペーパー・クレーン・フォー・ジャパン】に参加していた。

被災地に届いたものを各地にまわって紹介展示するようになっているようだが、ちょうどショウタが仙台にいる間に仙台駅横のS-PALでそのイベントがあることが判明すごい運命的☆

なかなか海外へのプロジェクトに参加して、その先でどんなふうに受け入れられてるのか目で見たり体験できることってないと思う。

この偶然にすごーーーーいと感動してしまった。

そのプロジェクトは10万羽が目標だったのですが、世界中の子供たちの反応は予想以上に大きく、震災からわずか6週間には100万羽に達し、最終的には200万羽の折鶴が38か国から寄せられたそうです
アルメニア、ニュージーランド、カンザス州の田舎町から大都会フィラデルフィア、小学区の教室や町の桜祭りなどなど、様々なところで子供たちが折鶴を折ってくれました。
すごい嬉しいことで、勇気をもらいますね。

このチャレンジの精神を残すために、このうちの10万羽がオブジェに姿を変えて、学校などに寄贈される予定だそうです。

明日までS-PALでイベントをやっているので、私とオーナーとお客さま2人と行ってみることにしました。

すごい楽しみだ~♪♪♪

ショウタは今朝5時45分に東京へ出発しました。はやーい!
朝に寝ぼけ眼でパチリ
でも逆光になった(笑)
ショウタ英語教えてくれてありがとうまた仙台にきてね!
みんなショウタは何時に出発したの?と言ってたよ。
わたしも真似っこでショウタと呼んでみました(^^)

カテゴリー: 今日のできごと   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>