靴下編み編みボランティア

本日出発されたSさんとMさん女性お二人は、今永住しているアメリカからいらしていて、アメリカで靴下を編むボランティアを申し込んだら宮城では宮城野区のボランティアセンターで受け入れOKだったので、宮城野区のとある仮設住宅2か所に2日間行くことになったそうです。

アフガン棒でアフガン編みで靴下を編んでいくそうで、仮設ではおばさまたちに喜んでいただいて、一緒に編むのを体験したそうです。

その日の帰りには仮設の皆様に、あしたはお昼ご馳走するからもってこなくていいから~とか、わたしん家にも来て~とか、色んなお声がかかり、みなさんのパワフルさと温かさが印象的だったようで。

よくよくSさんとMさんに話をきいていくと、
Sさんは80歳でとーっても元気な女性☆アメリカの某大統領夫人のファッションアドバイザーを8年間やられたそうで、
一緒にとっている写真も見せてもらいました\(◎o◎)/!WOW!!
梅鉢もとうとうアメリカ大統領のお知り合いがきたかぁ(笑)とスタッフたちで語る(笑)

Mさんは50代くらいで、保健室の先生を長年日本でやってらっしゃって、宮城の後は福島で教員不足になっているそうで、保健室の先生を当分するそうです。

6日はNHKが入り、編み物している様子を撮影していったそうで、夕方18:17位に放送されました!(残念ながらおかみは見れず・・・)
たまたま見た人いるかしら~。

遠くアメリカから、ご家族と離れて本当にご苦労様です。

アメリカまでお気をつけてお帰り下さい。
そして、日本人ががんばって心と体と町を復興しようとしていることを伝えて頂きたいです!! 

カテゴリー: 今日のできごと   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>