月別アーカイブ: 1月 2012

梅鉢スタッフ~

昨年年末からヘルパーさんを募集していて、お問い合わせいただきありがとうございましたm(_ _)m 今、3人のスタッフが梅鉢でお手伝いしてくれることになり、毎日みんなで楽しく頑張っています 梅鉢の日記やブログでも何回も紹介しているのでご存知の方もいるかもしれませんが、七ヶ浜のボランティアに毎月神奈川から個人的にきている島田さん。 今回はボランティアにも行きながら、梅鉢でお手伝いをしていただき、間にお仕事である歌をうたいにライヴの為神奈川に戻り、また梅鉢に来るというハードな2週間の短期ヘルパーで頑張ってくれています。彼がいる間は島田スウィートボイスが毎晩のように無料で聞けちゃいますん~ぜいたく~ これはうちにロングステイのロバートがパパッと島田ライヴのショートムービーをつくってくれました。すごい!!!http://www.youtube.com/watch?v=VTs-xtlXdQs&feature=player_embedded アオイちゃんは仙台在住で、週に2回程度お掃除中心にお手伝いに来てくれています。東京でヘルパー経験が2年あり、すごい速さでどんどんこなします。私もあれくらい早く仕事ができればなぁ・・・ 夢にむかって勉強とバイトといくつもかけもちしていてとっても頑張り屋さんです そしてまなちゃんは、一泊の宿泊予定が、ひょんなことからお手伝いしてくれることになりました。冷蔵庫にあるものでお料理をつくるのが得意な彼女は、梅鉢シェフとしても大活躍できあがった飲食店の味とはまた違った、ほんとうに癒されるほっこりおいしい晩御飯やおつまみをつくってくれます仙台在住になってくれそうですいつまでもいて~(笑) 梅鉢は、音楽家と掃除担当と料理担当と、仲間がどんどん増えていき、自由なオーナーをキャプテンとして、海賊王に俺はなるってなんだか言いたくなりました(笑) ちなみに、みーんななぜか海外に住んでいた経験があり、英語ができるのだ~素晴らしい!! うちは今あたしとオーナー以外は外国人2人がロングステイだし、みんな英語で会話ができちゃうのです・・・がんばれあたし達(^_^;) こんな梅鉢をどうぞ今後ともよろしくお願いします☆

カテゴリー: 今日のできごと | コメントをどうぞ

銭湯~SENTO~

先日ずっと行きたかったご近所(といっても車で5~10分)の銭湯に連れてってもらいました。 ここは震災のときにもすぐに入れた銭湯で、うちの父もお風呂入りたさに並んで入ったお世話になった思い出のある銭湯です その名も喜代乃湯さん のれんがいいですねぇコミュニティセントウだそうです マンションの1F2Fにあります。 自動ドアから中に入ると番台とロビー。湯上りもゆっくり休めます。 女性の更衣室に行くと時間も閉店一時間前だったので、私しかいなかったぁ。 広い更衣室にロッカーや鏡、ドライヤーも無料であります。 ここの銭湯は入り口と更衣室が2Fで、更衣室ではだかんぼになったら、大事なところをタオルで隠して(いや、自信のある方や何も気にしない方はもちろん隠さなくてもいい)階段を下りてお風呂へ さすがにお風呂の写真は撮れなかったのですが、 中は片側の壁に15くらいのカランとシャワーがついている。 反対側には湯船が並んでいて、水ぶろから順に4つあり、熱さも3つくらいに分かれてる。 水ぶろがあるので、もちろんサウナもあります わたしは苦手なんで入らなかったけど。 カランはメッチャ熱湯の赤ボタンと水の青ボタン。 古いから熱湯がピューっと横にでてきたりして、気を付けないと熱い熱い(笑) シャワーも小さいヘッドからぬるめのお湯が出ます。 これも場所によっては弱かったりピューっとでる(笑)。 お湯からは錆の匂いがしたけど、あたしはあまり気にせず、広いお風呂にきただけでテンション上がってるのでぜんぜんOK ゆっくりと独り占めでお風呂を楽しみ、あがって着替えていると、ポスターを発見! いいねぇこの古い感じと標語。 そうだそうだ!流しまくろうストレス社会に生きる人々よ はーーーやっぱお風呂だよねぇ(^・^) 梅鉢のまぁまぁ近くにはこんな銭湯がありますよ~♪♪♪

カテゴリー: 今日のできごと | コメントをどうぞ

ギャラリー

梅鉢に写真のコーナーができました。 何度か東北に、梅鉢に来ているOさんと、前回いらした11月に私も連れて行ってもらい、初めて菖蒲田の様子を見に行くことができました。 そこで撮った写真や前に撮っていた写真を梅鉢に飾って下さり、復興していく様子を映し出していきたいというコンセプトで、2階のラウンジにOさんの荒浜ギャラリーができた。    Oさんは、これらの写真を撮った時に、被災地であり、何もない状態であり、悲惨な状態なのは痛いほど分かっているが、もともとその土地の持つ美しさがとても彼には感じられるそうで、今回の写真はそれを映し出している。 大きい写真のほかにも小さな写真たちも冊子になる予定です。                   これからすこしづつ変わっていくであろう、仙台の人にはみなれていた場所。 その様子を、これから仙台に来る方々にも見て頂けたらと思います。 Oさんご苦労様です。ありがとう

カテゴリー: 今日のできごと | コメントをどうぞ